六本木のイタリアン ヴィアエミリア【VIA EMILLA】

STORY

イタリア北部にある【エミリア街道】 (via Emilia) は古代ローマ時代からの街道。古代ローマ時代の総督マルクス・アエミリウス・レピドゥス(紀元前187年の執政官)(イタリア語ではマルコ・エミリオ・レピド)によって紀元前187年にピアチェンツァとリミニを結ぶ約270kmの街道として作られました。彼の名前を取ってアエミリア街道 (Via Aemilia) と名付けられ、そのイタリア語訳 【Via Emilia】を和訳したものがエミリア街道です。後に西はアオスタから、東はアクイレイアまで延長され、 現代においては国道9号となり、アウトストラーダ(高速道路)A1、A14や鉄道路線が併走しています。エミリア街道沿いの都市は、西からピアチェンツァ、フィデンツァ、パルマ、レッジョ・エミリア、モデナ、ボローニャ、イーモラ、ファエンツァ、フォルリ、リミニがあり、 現在はこれらの都市の領土と東のロマーニャ地方を併せてエミリア=ロマーニャ州となっています。

店名

 

イタリア美食の旅と言ったら、パルマからモデナ、ボローニャへ続く

美食街道といわれる【エミリア街道】その名称を店名として命名しました。

 

北イタリアの美食街道 ヴィア・エミリア

イタリアで修業したシェフが創る

本場仕込みの生ハムと生パスタ、そして美味しいイタリアンワイン

エミリア・ロマーニャの風を感じる

数々の美味しさをご賞味あれ!